任意整理 無料相談

任意整理の手続きと流れ

任意整理の手続きと流れ

任意整理の手続きとはどのようにして流れていくのでしょうか。
ここでは任意整理の流れをご説明します。

任意整理のスタートは、まず弁護士か司法書士に依頼することから始まります。
あくまでも当事者間の交渉なので弁護士・司法書士に依頼しなくても交渉を持ちかけることは出来ます。
ですが実際には法律の知識も乏しい素人が交渉に行ってもスムーズに進まないのが実際です。
貸し手としては金利はおろか元金までちゃんと回収できるか分からないような不利な話ですから、専門家でないとまともな交渉は出来ません

弁護士または司法書士に依頼すると、そのことを債権者各社に通知されます。
これを受任通知といいます。
難しい表現になりましたが、簡単に言うと「この人の任意整理を引き受けたので、以後よろしく」という書面を金融各社に送るということです。
貸し手はこれを受け取ると、以後の請求は出来なくなります。
つまり、請求や督促、取立てが止まります。
取立てで悩んでいる人にとっては、これだけでも生活がグッと改善すると言います。

受任した弁護士または司法書士が依頼主の債務について調査をします。
具体的には貸し手に対してこれまでの取引経過を取り寄せます。
依頼主である借り手側は覚えていないことが多いですが、貸し手側には取引の記録が全て残っています。
この時にひとつ大きな仕事があります。
それは「金利引き直し」といいます。
これは最近ニュースで話題になることが多いのでご存知の方も多いと思いますが、消費者金融などが貸し付けている金利は実は違法なのです。
というのも利息制限法という法律によって借金が10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と、それぞれの上限金利が規定されているからです。
ですが実際には29%前後で貸し付けられているのが通常で、明らかに違法です。
これはなぜなのかと言いますと、もうひとつ貸し金に関する法律で出資法というものがあります。
ここでは上限金利が約29%と定められているので、各社はこちらの金利ギリギリに設定しているのです。
なぜなら出資法に違反すると罰則がありますが、利息制限法には罰則がないからです。
この間の金利のことを「グレーゾーン金利」と呼ぶのはニュースでもよく取り上げられましたね。

任意整理を始めるにあたって、まずはこのグレーゾーン金利としてこれまで支払ってきたものを正しい金利で計算しなおして払いすぎている分を取り返すのです。
これにより債務額が減りますし、長い期間取引していた人になると債務がゼロ、さらにはお金が戻ってくるという例もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ