任意整理 無料相談

任意整理を行う人の悩みは、消費者金融とクレジットカードが多い?

任意整理を行う人の悩みは、消費者金融とクレジットカードが多い?

任意整理の対象となるのは借金全般ですが、やはりよく見られるのが消費者金融とクレジットカードです。
それはなぜかと言いますと、消費者金融もクレジットカードもお金を借りるための金利が高いからです。

消費者金融というのは、かつては「サラ金」と呼ばれ、そのもっと前には「高利貸し」と呼ばれていたのですから、どれだけ暴利をむさぼっていたのかがよく分かります。
同じ借金をするのでも企業などが銀行から借りる金利と言えば数パーセントですから、その差がいかに大きいかが分かりますね。

このようにクレジットカードやサラ金で借りたお金の資金繰りが出来なくなってパンクするケースは非常に多かったため、「クレ・サラ問題」として社会亜問題になった時期もありました。
現在ではそんな言葉は使われませんが、むしろ問題はさらに深刻化しています。

企業融資の日栄や商工ファンド、また消費者金融のアイフル、武富士が引き起こした壮絶な取立ての問題。
これは取り立ての現場がどうなっているのかを示すとともに、それだけ逼迫した利用者がたくさんいることを世に知らしめました。
可愛い動物やアイドルなどを起用してイメージアップを図った成果もあってか、消費者金融の利用者は以前よりもはるかに多くなっています。

個人のお金に対する感覚はどんぶり勘定である人がほとんどです。
給料日前になると毎月お金が足りなくなる、というのは計画的にお金を使っていない証拠ですし、たとえ計画的に使っていたとしても収入が安定していなければ、やはり計画通りにはいかなくなります。
そこでその資金の補填をするために消費者金融に走る人は実に多いのです。

最初は小額から始まった取引でも、良好な取引を続けているうちに限度枠と言って借りられる上限額が大きくなります。
一見これは資金ショートを防ぐ意味でも有利に見えるのですが、逆に言うとお金を借りなくても乗り切れたものを借りるようになってしまうことも意味しています。
最初から借金で首が回らなくなることを想定してお金を借り始める人はいません。
全ての人は「まさか自分が」と思っていることを考えると、自分には関係ないと言い切れる人はほとんどいないのではないでしょうか。

消費者金融に借金がなくても、マイホームを建てる時に住宅ローンを組んだ人は立派な債務者です。
その住宅の不動産価値が急に下がってしまった時に借金が返せなくなったらそれで一巻の終わりです。
債務整理の話は対岸の火事ではないということをしっかりと念頭に置いて知っておいていただきたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ