任意整理 無料相談

任意整理ってなんなの?

任意整理ってなんなの?

任意整理と聞いてすぐに何のことか分かる人は多くないでしょう。
経済や法律に詳しい人か、借金に悩んでいる人のどちらかです。
特にこのページを読んでいる方は任意整理というキーワードも検索ワードに含めているでしょうから、やはり後者ということになりますでしょうか。

かつてはクレジット・サラ金地獄という言葉もあるほど債務超過に悩む人は多かったものです。
サラ金の高圧的で夜討ち朝駆けの取立てが社会問題となり、それによる自殺者も後を絶たなかったのでたくさんの法律が整備されました。
バブル崩壊後はやむにやまれない事情で借金問題を抱えてしまった人が多くなりそんな人を救済するための法律や制度が徐々に作られてきました。
任意整理はそんな社会の流れの中で生まれたものです。

借金が返せなくなってしまって法的に整理することを債務整理と言いますが、任意整理はその中のひとつの方法です。
ちなみにそれ以外にも債務整理の方法はいくつかあります。
一番よく知られているのは自己破産、そして個人民事再生。
それとこれはあまり知られていませんが特定調停…これらの詳しい中身については別の項でお話ししようと思っていますので、そちらを参照してください。

方法は数多くあれど、目的はひとつです。
借金で首が回らなくなってしまった人を救済し、確実に返済できる金額をちゃんと回収することで貸し手側にも損害を最小限に食い止めることにあります。
任意整理とは、債務を「任意」に「整理」するという意味なので、裁判所などの公的機関を通すことなく、貸し手と借り手の交渉によって解決を図る方法です。

例えばシンプルな話でご説明しましょう。
ある人が複数の会社からお金を借りているとします。
年収が300万円なのに4社に100万円ずつ借金があるとしたら、年収を借金総額が上回っているので明らかに債務超過です。
しかも消費者金融なら20%近くの金利がかかりますから、400万円の借金に対して年間80万円の金利がかかってしまいます。
この状態が続いていては借金返済どころか逆に借金は増えてしまうと思います。
こんな場合、もう返済のメドが立たないので金利をストップして借金をそれぞれ半額してもらったとしたらどうでしょうか。
借金総額は200万円になり、金利がないので毎月確実に借金は減ります。

このような交渉を貸し手と行い、債務を整理するのが任意整理です。
これなら返せそうですから、借り手は希望が持てますし、貸し手としても自殺されたり破産されたりして1銭も回収できないよりはマシということで、うまく交渉すれば実現できます。


ホーム RSS購読 サイトマップ