任意整理 無料相談

任意整理のメリットはなに?

任意整理のメリットはなに?

数ある債務整理の方法の中で、なぜ任意整理が良いのか。
ここでは任意整理のメリットについて考えてみることにしましょう。

任意整理はあくまでも貸し手と借り手の交渉によって行われます。
だから「任意」なのです。
ということは裁判所が関与することはありませんから、借り手の人が裁判所に行く必要もありませんし、裁判所から何か尋ねられることもありません。
他の法的整理だと裁判所が関与するので審尋(しんじん)といって裁判所から事実確認などの事情聴取をされる可能性があります。

次に、自己破産と違ってあくまでも債務を支払える範囲でちゃんと支払うというものなので金利の引き直しが行われます。
29%近い高金利で返済を続けてきた人にとってはお金が戻ってくることが大きく期待できますし、場合によっては債務そのものが完全にゼロになることもあります。
任意整理をしなければその後もずっと払わなくても良い金利を支払い続けていたことを考えると、その差は歴然です。

また任意整理は貸し手である相手方さえ合意すれば何でもいいのですから、そこには登園借金の減額も含まれます。
支払い能力がどれくらいなのか、その数値が妥当かどうかを判断するのも裁判所や第三者ではなく相手方の貸し手業者です。
仮に借金が100分の1になるような弁済案であったとしても、貸し手業者が同意すれば成立するのです。

最後に、これが実は一番大きなメリットと思われるものが社会的な信用回復の早さです。
自己破産というのは支払い能力がないので全ての借金をチャラにしてやり直すというものなので、あらゆるデメリットがつきまといます。
何せ借金を全てチャラにするのですから、それくらいのデメリットは当然でしょう。
持っている資産の全てを処分して返済に充てる必要がありますので完全に無一文になりますし、破産決定後も一定期間は破産管財人の監視下に置かれます。
何せ隠し財産をどこかに持っていて計画的に破産したということになると破産の制度そのものを悪用されたことになるので、管財人は海外旅行を禁止したり郵便物を開封することなどによって強い監視をしています。
その点、任意整理は貸し手が合意した返済計画に基づいて返済していることになるので、このような社会的な制約は全くありません。
あくまでも当事者間の取引によって成立したものなので法的なペナルティは無いのです。
手続きも代理人が全て行うので、人に知られる心配もありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ