任意整理 無料相談

任意整理以外の債務整理の方法は?

任意整理以外の債務整理の方法は?

債務整理には任意整理以外の方法もあります。
まずは一番手っ取り早いというか、よく聞かれるのが自己破産
通称「バンザイ」と呼ばれている方法です。
債務超過に陥った人がもう無理、返せないとなったら裁判所に破産の申し立てをします。
裁判所がその人の収入や財産の状況を判断してこれは返済の見込みがないとなったら破産を決定します。
一般的にはこの時点で借金が全て棒引きになると思っている方が多いのですが、この後に免責決定が出て初めて借金返済の義務は完全になくなります。
これが自己破産です。

次に個人民事再生という制度があります。
これは2001年に出来た新しい制度で、企業の民事再生と並んで作られたものです。
自己破産は全ての借金を一度チャラにしてやり直すということを目的としていますが、民事再生の場合は3年を目安に現在の収入から返済できる上限を策定します。
例えば400万円の借金がある人で、3年間で返済できる金額の上限が200万円と認められたら、その200万円を3年間で分割払いすることによって残りの債務は帳消しになります。
自己破産と違うのは、住宅ローンを組んでマイホームを所有している場合、自己破産なら盛っている資産を全て処分させられますが、民事再生の場合は特例によって守られます。
あくまでも借金を減額しても支払うことを前提としているので定期収入があること(返済能力があること)が前提となります。

それでは特定調停とはなんでしょうか。
調停と名がついていることでもお分かりのように、これは裁判所が間に入ります。
離婚調停、民事調停などと同じですね。
裁判所が貸し手と借り手の間に入って、3年間に支払える金額を上限として借金の減額や支払い回数についての交渉を支援します。
任意整理もこれと同じことをするのですが、裁判所を間に入れることなく当事者間で行う点が異なります。

一見同じように見えるこれらの方法ですが、やはりそれぞれに特徴はあります。
自己破産は全ての借金が無しになるので一番おトクに見えますが、やはり社会的に信用回復するのが難しいことや、一定期間は海外旅行に行けない、郵便物を破産管財人に開封されてしまうなどのデメリットがあります。
民事再生や特定調停はその点、借金をチャラにするのではなく減額して支払うので信用回復は容易ですが、3年間の返済計画に狂いが生じてしまったらペナルティがあったり、申し立ての時点で定期的な収入が見込めるという要件があるなど、人によっては高いハードルとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ