任意整理 無料相談

任意整理の費用と着手金って?

任意整理の費用と着手金って?

任意整理を依頼しようかと検討している人にとって、もっとも気になるのが何といっても費用です。
何せお金がなくて任意整理をしようとしているのですから、あまりに高額であれば任意整理すらすることが出来ません。
ここでは気になる費用についてのお話しをしましょう。

任意整理を依頼された弁護士・司法書士の仕事というのは弁済案を作成・提示して貸し手業者と交渉することです。
別のページでそんな仕事の実際についてお話ししましたのでもうお分かりかと思いますが、実際の交渉は電話一本で済むことが大半です。
つまり、それほど大変な仕事でもないのです。
そのため、費用もそれほど高額ではなく債権者1件につき3万円〜4万円ほどです。
つまり5件の借り入れがあってそれぞれと任意整理の交渉をするとしたら15万円〜20万円という具合です。

さて、ここで問題があります。
いくら費用的にそれほど高額ではないと言っても、多重債務に苦しんで任意整理を検討するくらいの人になるとこの20万円が用意できないと思います。
その場合はどうすれば良いのでしょうか。

一般的に弁護士や司法書士というのは着手金と言ってまずは費用の一部ないし全部を受け取らないことには動きません。
そうしないと事件を全て解決した後でお金がないので支払えない、という事態になりかねないからです。
ですがその着手金がないのがここでは問題ですね。
他の法律事務所はどうなのか分かりませんが、ある法律事務所ではこのようにして費用の問題を解決しています。
任意整理を開始するという条件の人は多い少ないに関わらず一定の収入があると考えられます。
その収入からこれまで毎月返済を続けてきたと考えられます。
その毎月支払っていたお金を着手金としてプールしておいてもらうのです。
ここに債務整理のカラクリがあるのですが、任意整理の受任通知を業者に出すと返済の請求はストップします。
これまで返済に充てていたお金はストップされるのですから支払う必要がありませんので、それをプールして費用が貯まった時点で着手します。
受任通知を出してから半年以内くらいで着手するのであれば問題はないそうなので、6ヶ月もあれば費用もたまるでしょう。

これはもちろんこれまで返済してこれただけの収入があることが前提なので、収入がほとんど無いという人は使えない方法です。
もっとも収入がある程度ないことには任意整理も出来ないので、この条件はほとんどの人がクリアできます。


ホーム RSS購読 サイトマップ