任意整理 無料相談

任意整理のデメリットは?

任意整理のデメリットは?

任意整理のメリットについて別ページでお話ししました。
自己破産と違って法的なペナルティがないことや借金の減額などが出来る点は大いにメリットだと思います。
ですが、だからと言っていいことづくめではありません。
何せ借りた借金を返さないことには変わりはないのですから、相応のデメリットはあります。

まず、任意整理のデメリットとして最大のものは、何といっても以後の借金に与える影響でしょう。
ご存知の方も多いと思いますが、借金を返済できずに何らかの整理などを行うとブラックリストと呼ばれるリストに名前が載ります。
つまり「この人は過去に借金を返さなかったことがある」という履歴を残して金融業者同士で情報を共有することにより危なそうな人にはお金を貸さないようにしているのです。
これは金融業者にとっては当然の自衛手段で、過去に何回も借金しては債務整理でチャラになっている、ということを繰り返している人にお金を貸してくれるはずはありませんね。
任意整理も立派な債務整理のひとつですから、これを行うとブラックリストに名前は載ります。

ところでこのブラックリストとはいったい何のことでしょう?
当然ながらブラックリストという名前の名簿がどこかにあるわけではなく、信用情報機関というところに残っている履歴情報のことです。
例えば消費者金融各社が利用している信用情報機関は「レンダース・エクスチェンジ」というのですが、任意整理などの方法で借金を整理したことがあると、ここに名前が残ります。
このような整理をしていなくても借り入れをしている時点でレンダース・エクスチェンジに名前が載り、どれくらい借り入れをしているのかも分かるようになっています。
ちゃんと支払っているのに、借り入れが多くなってくると審査が通りにくくなるのはこうした信用調査の情報があるからです。

ブラックリスト入りについては、他の債務整理でも載ることに違いはありません。
ですが次に考えられる任意整理のデメリットというのは、任意整理独特のものです。
任意整理は貸し手各社と個別に交渉することによって進めますが、中にはその交渉に応じない金融業者も当然あるわけです。
任意整理直前に借り入れをした場合など貸し手の心証が悪い場合などにも見られます。
他の貸し手が応じてくれた任意整理でも、中にはこうして強硬に応じないところがあったりすると、この業者の分に関してはこれまで通りの返済になるので任意整理の効果が薄れてしまいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ