任意整理 無料相談

弁護士は実際どのように任意整理を進めるの?

弁護士は実際どのように任意整理を進めるの?

任意整理についての流れや手続きについての概略はインターネットにも豊富に情報があるのでいくらでも知ることが出来ます。
ここでも説明していますが、これはどこでも手に入る情報です。
この項ではそうではなく、実際に弁護士がどのようにして任意整理を進めているのかという現場をご紹介したいと思います。

ある弁護士事務所のことです。
ここにも任意整理の依頼は多く寄せられていました。
事務所のホームページで任意整理についてのページがあるので、それを見て依頼してくる人が多いようです。
通常弁護士というのは相談だけでも5000円程度の手数料が発生しますが、この事務所は無料で相談を受け付けているのでそれも依頼者を多く寄せ付けているようです。
何せお金が無くて任意整理をしようとしている人ばかりですから。

任意整理を開始するにあたって、弁護士が依頼主に必ず聞くことがあります。
「これで手続きを開始していいですか?
」この言葉に対する答えはほぼ100%決まっています。
「数日待ってください」…この数日間に依頼主が何をするのかと言いますと、まだ残っているカードの限度枠などを使い切ります。
法的手続きが始まるとこれらのカードの請求は止まりますが、同時に使えなくなるので今のうちに行きがけの駄賃を得ておこうというわけです。
これは感心できたことではありませんし、場合によっては違法だそうですが、実際にはほとんどの人がそうしています。

こうして法的手続き直前にお金を貸した業者はたまったものではありません。
何せお金を貸した直後に任意整理したいと言ってくるのですから。
当然業者は怒ります。
中には事務所に電話をかけてきて「わざとやったな」「本人を出せ」などと怒鳴りたてる業者もあります。
ですが法的にはもう請求してはいけないわけですから、気が済むまで怒鳴るだけです。
弁護士事務所にかかってくる電話というのは実はこんなのが多いということも初めて知りました。

金利の引き直しや減額については金融業者にとって圧倒的に不利な交渉ですが、裁判をしても負けるという判例しかないので大手の業者を中心に半ば諦めムードが漂っています。
弁護士事務所から電話がかかってきたら任意整理の電話だということがすぐに分かるようで、ふたつ返事で交渉に応じているのが現状です。


ホーム RSS購読 サイトマップ