任意整理 無料相談

任意整理の無料相談/最適な借金の解決方法が分かります。

任意整理、まずは無料相談してみませんか?

任意整理,無料,相談,借金

借金が増えすぎて返済がつらい…。
多重債務を抱えているので、任意整理で解決したい…。
もしもそう考えているなら、一刻も早く専門家に相談しましょう。
司法書士・弁護士が見つけてくれる解決策で、月々の返済額が減ったり、督促がすぐにストップしたり、過払い金が戻ってきたり、というさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所もたくさんあります。
ここでは、それらの中でオススメの法律事務所を厳選して紹介しています。
また、任意整理に関する基礎知識も紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
専門家の知識や知恵を借りて、解決の道を探しましょう!

ネットで任意整理の無料相談・オススメ事務所

借金解決診断シミュレーター

任意整理,無料,相談,借金

債務整理・任意整理の相談をするなら、これがオススメです。
「借金解決診断シミュレーター」という、ネット上の借金の診断ツールです。
とても簡単な5つの質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、月々の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、匿名で、無料で使えます☆
全国に対応している法律事務所のサービスなので、どこに住んでいる方でも安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 5つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!

借金問題を解決するための第一歩として、無料診断を試してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断・相談を。

アヴァンス法務事務所

任意整理,無料,相談,借金

任意整理,無料,相談,借金

全国に対応している、借金や債務の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに合ったやり方で借金問題を解決します。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を精算できます。
過払い金請求の成功報酬は、16%〜18%(ヤミ金除く)と、他社よりもかなり安い設定です。
(他社平均は21%)
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、よその事務所よりもおトクに解決できます。
まずは無料相談からどうぞ。

【対象地域】
全国対応!
アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑↑↑↑
女性はコチラ
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

↑↑↑↑↑
男性はコチラ

司法書士法人杉山事務所

任意整理,無料,相談,借金

消費者金融が恐れる司法書士とは!?
債務整理のプロが、借金や債務の問題解決をお手伝いします。
クレジットや消費者金融など、利息制限法を越える利率での融資がほとんどといわれる今日この頃、任意整理などによって借金の総額を大幅に減らせる場合があります。
そして、過払い金は、すでに借金を返し終わっていても、最終返済日から10年さかのぼれます。
払い過ぎたお金(過払い金)も、戻ってくる可能性が…!?
そのほか、自己破産や個人再生などに関するご相談も承っています。
お気軽にまずは無料相談からどうぞ。

【対象地域】(18都道府県)
東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、奈良、京都、兵庫、和歌山、岡山、鳥取、広島、香川、福岡
司法書士法人杉山事務所
司法書士法人杉山事務所

↑↑↑↑↑
「消費者金融が恐れる司法書士」で日本一に選ばれています!

どんな人が任意整理をするの?

どんな人が任意整理に訪れるのかという人物像について触れたいと思います。
やはりやらないに越したことがないのが任意整理ですから、少しでも危機回避の参考にしていただければ幸いです。
いちばんよく見られるのが、やはり浪費癖のある人です。
仕事はそれなりにやっている人も居ますが、中には仕事よりも浪費に熱心な人がよく見受けられます。
収入よりも支出が多ければ当然どこかでお金を補充する必要があります、つまり借金です。
これがまだ回っているうちはいいですが、次第に借金の返済を借金でするようになります。
もちろん消費者金融は他の金融機関と違ってお金の使途を特に指定していませんので、返済に充てるのも自由です。
ですがこれが次第に任意整理への道を歩む第一歩になります。

例えば50万円借りていて月々の返済金額が1万円だとします。
毎月これを入金していれば金融業者は何も言ってきません。
ですが返済したと思っていた1万円のうち元金は半分もありません。
大半は金利です。
つまり借金全体では数千円しか減っていないことになります。
債務がふくらんできて多重債務となると、この1万円が業者の数だけ増えることになります。
5件で借りていたら毎月5万円。
元々お金が足りなくて借金をしたのですからこの5万円がすんなり出てくるはずがありません。
やはりこの5万円のためにどこかから借金をする必要があります。
こうして6件目の金融業者が登場となるわけです。

世の中に金融業者は数え切れないほどありますし、こうした自転車操業がいつまでも続けば問題はありません。
一生を終えるまで借り入れを増やし続ければ生活水準は維持できます。
ところがこの自転車が倒れる時が必ず来ます。
信用調査をされた際に他社の借り入れが多いことを理由に審査にパスしなくなるのです。
するとこれまで借金で返してきた借金が返せなくなり、たちまち行き詰ります。
こうして任意整理を検討し、法律事務所の門を叩く…。

これは典型的なパターンをモデル化したものですが、実際のこのような経緯で任意整理を依頼してくる人は後を絶ちません。
皆が口々に言うことがあります。
「なぜこうなったのか分からない」、明確に借金生活になるキッカケがあったのかどうか分からないというのです。
もしかすると明確に大きなお金の入用があって、その借金が残っているという人よりもこのほうが原因が分からないだけに怖いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ